<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

以前、「もう日本人の給料は上がらないんです」の記事を書かせていただきました。構造的な問題により日本人の給料はもう上がらないという悲しい記事だったのですが、今度は、出世についても厳しい現実を直視しなければならないようです。


【少子高齢化】
日本の少子高齢化が深刻で、先進国の中で最も厳しい状況であることは皆さんもご存知の通りです。で、「少子高齢化が進むと労働人口が低下し経済が落ち込む!」とか言われまていすが、どのくらい落ち込むか知っていますか?

「新卒の社員数」でちょっと考えて見ましょう。
次のグラフを見てください。

f0226518_11124281.gif


「最近就職した人たち(1988年生まれ)」の出生時の人口は全部で131万人でした。
一方、「最近生まれた人たち(2010年生まれ)」は、出生時の人口は107万人しかいません。ということは、彼らが就職する頃の新卒大学生は今より約20%も減っちゃいます。

今は「就職超氷河期」と言われており、大学生の内定率は最悪です。2011年3月学生で内定をもらえた人は88%を下回ると言われています(昨年度は91.8%)。

一方、「最近生まれた人たち」が大学を卒業する頃には、新卒大学生の数自体が今の80%しかいません。史上最悪レベルと言われた「就職超氷河期時代」でさえ新卒の内定枠が88%あるのに、80%ではそれをさらに下回ります。ですから、最近生まれた人たちは簡単に就職できるでしょうね。今みたいに労働の需要が超少ない状態が続いたとしても、全然問題ないわけです。

「なんだ、良かったじゃないか。」

と思った人。残念ですがそんなに甘くないです。
少子化によって足りなくなった分は、誰が補うのでしょうか?

・・・

そうですね。
「少子」だけでなく「高齢化」が進む日本では、足りない人材は年配者で補わざるをえません。
これにより、会社にも「高齢化」の波がどーんと押し寄せることになります。


【企業の階層ピラミッドと人口ピラミッド】
前置きが長くなりましたが、出世できなくなってしまう理由を見ていきましょう。

まず、平均的な企業の階層を図示してみます。
だいたいこんな感じですよね?

f0226518_1113741.gif


More
[PR]