カテゴリ:保険のこと( 1 )

今日は、『生命保険入門(新版)』について書きます。

このブログに保険関係者が少ないことはうすうす気づいていますが、それでもめげずに書きます!

著者である出口治明氏(ブログはこちら)は、生保業界の革命児と呼ばれ強烈な勢いで成長する「ライフネット生命」の社長です。

この本を読むきっかけは、ツイッターでした。
出口社長に何気なくツイッターで質問してみたところ、ご本人がツイッターで返事をしてくれました。
「わーい、出口社長に返事してもらっちゃった♪」と浮かれていたら、さらにこの本のことも紹介してくれたんです。普通なら話すことができないようなすごい人とも気軽に話せちゃう。これはツイッターの素晴らしいところですね。

さて、この「ライフネット生命」という会社。とても興味深いんです。

まず、出口社長の経歴が面白い。
京大卒⇒日本生命入社⇒同社MOF担という超がつくエリート。これをポーンと捨ててライフネットをベンチャーとして立ち上げました。黙っててもエリートのまま人生の最期を迎えられるのに、あえて挑戦!その精神は本当に尊敬に値します。

そして副社長(ブログはこちら)も面白い。
東大在学中に司法試験合格⇒ボストンコンサルティング⇒ハーバードビジネススクール卒⇒一流企業のオファーを断り、出口氏と一緒にネットライフを立ち上げました。

どっちも超エリートなんだけど、ブログやインタビューの記事を見ると全然そんな感じがしない。どことなくゆるーい雰囲気。この二人のツイッターやブログを見ていると、「講演に行ってきます」とか「ダボスに行ってきます」とか、仕事以外で外に出ていることがやたら多い。出口社長に至っては週に2~3回も講演をやっていて、懇親会にも毎回参加。しかも講演のテーマは「歴史」とか…。生命保険関係ないじゃん!

「この人たちは一体いつ仕事しているんだ!ベンチャーなのにそんなんで大丈夫か?」と心配になってしまいます。

でも、当のライフネット生命は、今年で5万人の会員を集めるなど快進撃を続けています。社長と副社長がいなくてもうまく回る組織に育っているんでしょうね。こういう組織の作り方も、ぜひ本にして日本の経営者にシェアして欲しいです。


さて、前置きが長くなりましたが、「生命保険入門(新版)」を読んだ感想です。
僕は、4年前にこの本の旧版を読んで感動しました。今回はその新版ということで、読み返した感じになります。

f0226518_206868.jpg


More
[PR]