<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

前回の更新以降、随分時間が経っちゃいました。申し訳ありませんでした。

さて、続きです。

前回は、若手社員たちが『社員旅行』を企画するケースを通じて、なぜ軸がブレてしまうのかについて書きました。若手社員たちは社長から直々に頼まれて、意気揚々と企画を立ち上げたのですが、各方面の意見を聞くたびに企画がブレてしまい、最後は社長に「君たちはこの企画でいったい何を実現したいんだ…?」と言われてしまいましたね。

軸がブレる人たちの典型例としては、次のようなものがありました。

1.考慮(思考のプロセス)が足りない
2.知識が足りない
3.こだわりが足りない


では今回は、ブレない人はどうなのか、どうすればブレないのかについて書きたいと思います。

 ◇  ◇  ◇

ブレない人1.論理的に深く考える人
外資コンサル会社で思考の訓練を徹底的に叩きこまれたAさんは、企画を考えるときに必ず「5つのWhy?」「クリティカル・シンキング(批判的思考)」「フレームワーク思考」などをやって、どんな意見や疑問も「想定内」にしてしまう人でした。彼の思考レベルは深く、隙がないため、「ぱっと見た人の思いつきの意見」に惑わされることはほとんどありませんでした。社内の会議でも人の意見に左右されることがなく、企画はいつも最短ルートを通ってゴールにたどりつきました。

ブレない人2.幅広く知識を得る人
コミュニケーション力抜群のBさんは、いつも多くの人から意見を聞いて企画を立てていました。気になることがあったらすぐに電話。社内外の老若男女を問わず多様な意見を集めて作られたBさんの企画は、いつも「勘所がいい」と言われました。Bさんは人に話を聞く過程で、さまざまな関連情報をキャッチしては自分の企画に反映していきました。Bさんは、色んな人の意見を取り入れはしますが、どの情報も平等に扱いました。えらい人の意見も新人クンの意見も同じ「一つの意見」として扱いました。Bさんの企画は、上司から何か言われても「それは○○さんに聞いて対応済みです」と回答をすることが多く、企画がブレることはまずありませんでした。

ブレない人3.こだわり職人
Cさんは、常に自分の企画にプライドを持っている頑固な女性でした。上司から「ここを見直した方がいい」というアドバイスを受けても、「もう少し時間を下さい。考えてみます。」と言って一旦引きさがり、上司のアドバイスをほとんど盛り込まない企画をもう一度持ってきては、上司に「あのさ~、私の言ったこと聞いてた?」と怒られていました。しかし、彼女は上司のアドバイスに対しては、ものすごく真摯に向き合っていました。一旦引きさがるのは、大切な企画をその場の雰囲気だけで「見直します」と言うのが嫌だったからです。他人や上司の意見に対して冷静にじっくり考えたうえで決めるので、彼女の企画はブレることが少なく、結果的にエッジの効いた良い企画をたくさん成功させていました。

More・・・
[PR]