<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

何かをしようと思った時、他人の意見で方向性がブレてしまうことって、ありませんか?
最初はすごくいい企画だったのに、意見を聞くたびに軸がブレていき、企画がスタートするときには目も当てられないような企画になっている、なんて残念なケースを良く目にしますね。

一方で、何を言われても全然ブレない人もいます。そういう人が担当する企画は、いったん方向性が定まれば軸がブレることがないので、結果的に素晴らしい成果になります。

軸がブレる人とブレない人の違いは何なのでしょうか?どうすれば、「ブレない人」になれるのでしょうか?今回は、そんなことをテーマに書いてみたいと思います。


◇   ◇   ◇


ケース:社員旅行企画(※これはフィクションです)
ある企業で、若手社員が社員旅行を企画することになりました。きっかけは、社長の一言でした。

社長は、若手のメンバー10名を集めてこう言いました。
最近、うちは規模も大きくなってきた。1000人を超える大所帯だ。昔は社員はみんな顔見知りだったが、大きくなって知らない人同士も増えてきた。そのせいか、最近は少し社内がギクシャクしている気がする。そこで、若い君たちが会社の風土を良くするために、何か考えてみてくれないか?

More
[PR]
2013年3月2日(土)に、「第8回リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム」を開催しました。
当日は80名を超える参加者の皆さまにご来場いただき、大変盛り上がりました。

 ◇  ◇  ◇

麻生川先生の講演は、40分。
科学史をリベラルアーツの視点から読み解くという内容でした。

・非ヨーロッパ諸国の中でなぜ日本だけが近代化・工業化が可能であったのか?
・なぜ歴史的に日本よりずっと先進的であった中国で先に近代化がなされなかったのだろうか?
・ヨーロッパ科学が発展した根本的な原因は何か?


といった科学史への疑問に対し、「本質的な答え」を投げかけてくれる濃密な講演内容でした。
特に、古代メソポタミア以降の世界で、科学の中心地がどのように移り変わっていったかを示す地図と、その理由の説明は、本当に目からウロコでした…


出口社長の講演は、60分。
モンゴル世界帝国が全盛を極め、ペストが大流行した14世紀の世界を俯瞰する内容でした。

・最盛を極めたモンゴル帝国がどのように瓦解していったのか?
・ヨーロッパで続くことになる100年戦争のはどのような背景で始まったのか?
・パンデミックにより大量の死者が出た時にどんなことが起きたのか?

といった、歴史の大きな流れを解説しながら、人間・社会というものを深く考えさせる内容でした。モンゴル帝国(『元』の時代)に対するイメージががらりと変わったという人も多いのではと思います。

そして、出口社長が講演の最後に言った、「14世紀にはユーラシアで伝染病で3分の1から4分の1の人が亡くなりましたが、生き残った人たちは、伝染病の免疫力を持ったものすごく体の丈夫な人だったということです。」というセリフは、15世紀につながる大きなヒントでした。次回も楽しみですね。

 ◇  ◇  ◇

いやー。どちらも非常に濃い内容でした。
アンケートの結果も、満足度100%(満足:81% やや満足:8% 有効回答数:51名)という、今まで見たこともないような高評価でした。
麻生川先生、出口社長、本当にありがとうございました!

フォーラムにご参加いただいた皆さまも、どうもありがとうございました!
当日は事務局(僕)の力不足でいろいろとご不便をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
次回は会場が少し広くなりますので、余裕を持ってお聞きいただけると思います。領収証の発行も、できたらやってみたいと思います。ぜひ次回もご参加下さい。

そして、

このフォーラムに参加できなかった皆さま
本当に素晴らしい講演でしたよ!聞けなくて残念でしたね。ぜひ次回はご参加下さい、

…え?

そんなに良い講演なら私も聞きたかった、って?

そうでしょうそうでしょう。

そんな皆さまのために、

講演ビデオを撮っておきましたよ!
今回も、参加者でもある坂本さまのご協力により、WEB上で見られるようになりました!

↓ こちらです!

【第8回リベラルアーツ教育によるグローバルリーダー育成フォーラム 映像】

http://fullfaith.co.jp/share/liberalarts/history/8.html

参加された方も、そうでない方も、どうぞお楽しみ下さい!


※最も評判の良かった『質疑応答』は、ごめんなさい、参加者に許諾を取るのが難しいため収録しておりません。ぜひ現場で体感して下さい。
※講演映像は、講師の許可を得て公開しておりますが、講演内容の著作権は講師に属します。無断で商業目的等に利用することはご遠慮下さい。もし使いたいという場合は、このブログまでお問い合わせいただくか、講師のお二人に直接お問い合わせ下さい。


次回は、2013年8月31日を予定しております。
(時期が来たらこのブログでもご紹介します)

お楽しみに~!



以上。
[PR]