<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

前回の記事では、給料が年代別で見てどのくらい減っているのかを示しました。
しかし、「給料が上がらない」と言われても、若い世代の人なんかは、毎年給料が上がってますよね。ですから「毎年、全体の給料が下がってることは分かったけど、俺の給料はどうなるのよ?」と思った人も多いかと思います。

そこで、今回は次の3人登場してもらい、それぞれの給料がどのように変化したかを見せるとともに、その3人の傾向を使って人生の収入推移を見てみましょう。

これも、なかなか衝撃的ですよ。なぜ、この記事のタイトルが「給料が上がらない時代」であるか、よく分かっていただけると思います。

さあ、それでは行きましょう!

3人の登場人物
1.リク(25歳)
社会人3年目、少しずつ仕事にも慣れてきた。恋も仕事も頑張る若者。年収は378万円。
f0226518_6302794.gif


2.ヒロシ(35歳)
社会人13年目、社内でも管理職に登用されバリバリ働いている。不摂生で少しおなかが出てきた。年収554万円。
f0226518_6304425.gif


3.タロウ(45歳)
社会人23年目、社内では部長を務める。子どもは中学生で反抗期。年収は653万円。
f0226518_6305623.gif


この3人は、いわゆる日本の平均的な社会人です。このプロフィールは、2004年時点のものですね。
では、彼らの給料がその後の5年間でどのように変化するのかを見てみましょう。

More・・・・
[PR]
前回の記事では、バブル崩壊後の「失われた20年」で失われたのは、

・前半(1990〜1999):資産価値
・後半(2000〜2010):給料

であるということを書きました。

今回は、実際のところ僕らの給料がどのくらい減ってしまったのかを年齢層別のグラフで見てみることにしましょう。

このデータは結構衝撃を受けますよ。

1.グラフの見かた
これからでてくるグラフは、「年齢層別の平均給料の推移(男性)」です。
左側が古いデータで、右に行くほど最近の人の給料になります。一番古いものは1997年のもので、金額の単位は「千円」、5240とあれば、524万円のことです。各年代のグラフは、下落率が年代ごとに比較しやすいように、すべての年齢層で同じ幅のグラフを使っています。このため、一部の年齢階層ではグラフが画面からはみ出しちゃっていますが、その点はご容赦下さい。男性のデータのみを使用してるのは、女性は雇用環境の変化が大きすぎて平均給与を単純比較するのに適さないからです。
なお、元データはすべて国税庁のHPから持ってきています。


  ◇   ◇   ◇

前置きが長くなりました。それでは、行きましょう!

2.20代の給料
まず20歳〜24歳
f0226518_7513463.gif

このころは大学や専門学校を出てすぐ、いわゆる「新人」レベルの給料ですね。
新人の給料はもともと安いですし、コスト調整はその年の採用人数でコントロールされるので、それほど給料に変化は出ません。それでも、グラフを見ると下がってますね。ここ15年、ずーっと下がりっぱなしです
これを見ると、15年前の新人は年間307万円ももらっていたんですね。今の新人世代より約40万円も年収が多かったんだ。今30代後半の人は、自分が新人のころを思い出してみてください。飲み会や合コンをしたり、旅行に行ったり、やりたいことはたくさんあるけど給料が少なくて、なかなか貯金できなかったでしょう?今の新人たちは、あの頃よりさらに40万円も給料が少ないんですよ。「遊ぶカネがない。遊ばなくても貯金できない」。これが2012年の新人たちの実態です

More
[PR]
バブル崩壊後、日本経済は低空飛行を続けたまま22年目に突入しました。

よく、「失われた10年」とか「失われた20年」とかいいますが、前半(1990年代)と後半(2000年代)では失われたものが違います。
前半は、大きくなりすぎたバブルの崩壊とその反動により、日本にある「資産」の価値が失われました。
例えば「地価」。東京圏(商業地区)の地価はバブル崩壊後の10年間で3分の1まで下がりました。1億円の土地が3,300万円にまで下がってしまったのです(住宅地でも約2分の1)。
「株価」も、同じように3分の1まで下がりました。1989年12月に38,915円の史上最高値を記録した日経平均はその後下がり続け、2000年の12月29日には13,899円まで落ち込みました。
この10年間で多くの高齢者が富を失い、年金なしでは暮らせない人が続出しました。

では、後半の10年はどうだったのでしょうか?

More・・・・
[PR]
「忙しい…」

この言葉、つい口グセになっている人はいませんか?
僕も時々使ってしまいます。まあ、日々の生活ってのは忙しいものですよね。
ところで、人はなぜそんなに忙しいのでしょうか?いったい何に時間を使っているのでしょうか?

今回の記事では、時間の使い方について書いてみたいと思います。


人生の3つの時間
人生における時間の使い方は、大きく次の3つに分けられます。

1.自分を高めるための時間
2.生活費を稼ぐための時間
3.幸せになるための時間


※ちなみに、これは自分が使い道を選べる時間(可処分時間)の分類ですから、自分で使い道を選べない時間(寝る時間、食べる時間など)は除きます。

1.自分を高める時間とは、勉強をしたりトレーニングをしたりして自分を磨くための時間です。習い事など、スキルや精神性を高めたりするのもこの時間に含まれます。

2.生活費を稼ぐための時間とは、文字通りあなたやあなたの家族が食べていくために、外部からお金を稼いでくる時間です。ですから、労働時間とは違います。主婦の方が家事をする時間は、ここには含まれません。

3.幸せになるための時間とは、1と2以外の可処分時間です。好きな人と過ごしたり、テレビを見たり、趣味に興じたり…。究極的な事をいえば、人生のあらゆる活動は幸せの獲得を目的に行われているものですから、全て幸せになるための時間と定義しても良いかも知れません。この時間は、必ずしも快適なものとは限りません。例えばケンカする時間は、幸せになるために価値観のすり合わせを行う時間ですから、ここに分類されますね。


さて、僕らは自分の時間をどのように使うかを3つの中から選べるわけですが、どの目的に多くの時間を使うかで、人生が大きく変わります。だからこそ、時間の使いかたがとても大切なんですね。


時間はトレード・オフ
自分の時間は、無限にあるわけではありません。1日24時間しかないという点においては、全ての人は平等です。ですから、時間というのは常にトレード・オフの関係にあります。何かに時間を使えば、他の時間が犠牲になる…。

イメージとしては、こんな感じですね。

f0226518_5104939.gif


では、トレードオフの具体的な例をいくつか見てみましょう。


1.若手ビジネスマン
例えば、ある若手のビジネスマンが語学を勉強するために、夜のビジネススクールに通い始めました。ビジネススクールに通うと、夜の一定の時間が取られるわけですから、残業ができなくなったり、彼女と過ごす時間を取れなくなったりします。つまり、①自分を高めるための時間を増やして②生活費を稼ぐための時間③幸せになるための時間を犠牲にする形ですね。

図にすると、このようなトレードオフが生じます。

f0226518_5121591.gif


2.バリバリ営業マン
では、次のケースです。
ある営業マンがいました。彼には2人の子どもと3人目を妊娠中の奥さんがいます。彼は奥さんや子どもを養っていくために、バリバリ働かなければなりません。彼は仕事を一生懸命やりました。そのため、帰りも遅く、休日も仕事をする日が増えました。家族と過ごす時間も減り、英会話を勉強する時間も取れなくなりました。
これは、②生活費を稼ぐための時間が増え、他の①自分を高めるための時間③幸せになるための時間が減ってしまったのです。むかし、「24時間戦えますか?」なんてCMが流行ったりしていましたが、団塊世代の方々は、みんなこんな時間の使い方をしていましたよね。

f0226518_5135164.gif


3.ママさん社員
キャリア女性が、出産を期に時短勤務で働くようになりました。
毎日毎日、子供の世話が大変です。保育園の送り迎え、洗濯、夕飯の支度、絵本の読み聞かせ…、大変な忙しさです。仕事が終わっていなくても、16:30になったら途中で切り上げて帰らなければなりません。休日だって大忙し。おしゃれをしたり、丁寧にメイクする時間もありません。このママさん社員は、子どもの世話をするために他の時間を大きく吸い取られています。とはいえ、子どもは幸せの結晶ともいえる存在。大変ながらも充実した毎日を過ごしています。

この場合③幸せになるための時間のために、①自分を高めるための時間②生活費を稼ぐための時間が犠牲になっています。

f0226518_5142753.gif


More
[PR]