<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

バブル崩壊では、1000兆円が半年で吹き飛んだと言われています。
そしてバブル崩壊後は「失われた20年」とかいう、いかにもダメっぽい名前のついた時代に突入します。
デフレと円高が続き、国民の生活はどんどん苦しくなっている…なんて言われ、最近では一部の経済学者に「インフレ推進論」を本気で唱える人が出はじめました。

日本もl札束刷りまくってインフレにしちゃった方がよくね?
上手くやればインフレもコントロールできるって。
アルゼンチンみたいなハイパーインフレは、先進国では起きないよ。最大でも3倍くらいじゃん?

といった主張が著名人からも普通に聞かれるようになりました。


…でも、彼らの言っていることは本当なんでしょうか?本当にそれで大丈夫なんでしょうか?
それならなぜ、日銀の白川総裁は全員を敵に回してまで必死でインフレを押さえつけようとしているんでしょうか。彼は経済が分かってないから?…そんなことはないですよね。


【インフレがおきると、日本はどうなるの?】
国際政治学者や経済歴史学者の小難しい論文を読むと、
インフレとは通貨の信任が脅かされることであり、すなわち国家の求心力がうんたらかんたら…
国家の役目は物資の供給を行なうことであり、需給バランスが崩れることはうんぬんかんぬん…

・・・ハイ。
はっきり言って、よく分かりません。

More
[PR]
学校のクラスに「誕生日が同じ生徒」っていますよね?
あれってちょっと運命を感じませんか?
だって、誕生日って1年365日あるなかの、たったの1日ですよ。
その誕生日が同じだなんて、ちょっと運命的な偶然を感じます。


さて、それではここである中学生2人(愛さんと翔くん)の会話を見てください。

f0226518_1013148.gif


愛:翔くん、私たち同じ誕生日なんだね!
翔:そうみたいだね。僕も驚いたよ。

More
[PR]
先日、日銀が円高ドル安に対して市場介入を発動しました。
各国から見ればかなりKYに見える対応でしたが、事前の根回しが効いたのか、インパクトが小さいと見られているのか、心配したほど大きな批判は出ていません。

日銀は介入したし、尖閣諸島の船長問題はこじれてるし、せっかくなので今後の貿易について少し考えてみました。

まずは、大きなところのおさらいから…。

【日本の経済構造】
日本は、基本的に貿易収支が黒字です。
海外からいろいろなものを買って、海外にいろんなものを売って、その収支が黒字だということです。つまり、国の経済は実は潤っています。

これが、債務不履行で破綻してしまう国(ギリシャとか)との大きな違い。
政府の債務である国債の残高がいくら増えようとも、貿易が黒字で国民の貯蓄が十分にある限りは、破綻しないでしょう。


【円高への介入、なぜ?】
さてところで、日銀は何故円高に介入したのでしょうか?

それは、「これ以上円高が進むと、輸出産業が深刻なダメージを受けるから」ですね。
例えば、ソニーが200ドルのゲーム機を売って、100ドルの利益を稼いでいたとします。この100ドル=1万円が、為替のせいで突然100ドル=8000円に目減りしてしまうのです。人件費の問題などもあるので、実際のインパクトはもっと大きくなります。実際、僕らの知っている大企業の多く(トヨタとかソニーとか)は、このまま円高が続けば赤字に転落するおそれがあります。大きな企業がつまづくと、それにぶら下がる多くのグループ企業・取引先がダメージを受けます。

せっかく立ち直りかけていた経済がもう一度コケると、どうしようもありませんね。
そこで、為替に介入したわけです。

【中国と日本の貿易】
はい、ここで質問です。
Q:現在、日本にとって最大の貿易相手国はどこでしょうか?

A:「・・・アメリカ?

ぶぶー、ハズレです。

More
[PR]
中国の漁船が捕獲され、逃走中の公務執行妨害を理由に10日間拘留を延長されました。
中国は日中閣僚級交流を停止するなど、かなり強い姿勢に出ていますが、何でこんなことになっちゃっているんでしょうかね?

そのことについて、中国人の友人に聞いてみました。
理由が非常に興味深かったので、ここに残しておきます。


1.中国国内の政治安定のため
中国は国民の主張が強いため、政権運営が大変に難しいそうです。
経済でも恐ろしいエネルギーを見せる中国人ですが、政治においてもそのエネルギーは健在。
国民からのプレッシャーは日本の比ではありません。過去に何度も暴動が起きているし、国家転覆論だって出る可能性があるほどです。穏やかではないですね。

このため、共産党は政策的にその矛先を「日本」や「アメリカ」に向かわせることが多いそうです。特に日本は日清戦争以来の領土問題などがあり、矛先を向けやすい。
そうしてシンボリックに「仮想敵国」みたいなものを作らないと、上手くコントロールできないそうです。
政権運営は本当に綱渡り。日清戦争中も当時の為政者は国外(日本)と国内(国民)とをいっぺんに相手にしなければならず、一枚岩の日本に対し思うような成果が出せなかったそうです。

ふーん。中国政府も難しい政局コントロールをしているんですね。
だから、あんな風に言ったりするのか・・・。


2.中秋節のお祭りに間に合わなくなったため
こちらがとっても面白かった。

More
[PR]
久しぶりにきちんと休みが取れたので、皇居と明治神宮に行きました。
ツイッターでつぶやいた内容を、せっかくなので残しておこうとブログにも掲載することにしました。
明治神宮は、千代田区関係ないけど許してくださいね♪


【皇居(東御苑)】
皇居の中にある公園(「東御苑」)に一般人が入れることは、意外に知られてません。中に入ると、こんなにすてきな広場が!あの有名な大奥があった跡です。いまは素晴らしい芝生になってます。若いフランス人ママ達が子供を裸足で遊ばせていました。
f0226518_121222100.jpg


ここは本当にみどころがいっぱい。江戸時代の情緒が残る建物が至る所で見られます。写真は富士見櫓(やぐら)。昔、徳川将軍はこの見晴らし台から両国の花火や東京湾の海を眺めたそうです。
f0226518_12131298.jpg


こちらは百人番所。長っ!二の丸と本丸への入口を侵入者から守るため、伊賀とか甲賀とか根来とか、鉄砲系のサムライが24時間常駐していたそうです。
f0226518_12134910.jpg


この公園では、珍しい植物もたくさん見られます。写真は「釣り鐘人参」。可愛い野草です。散歩していたおじさんの話では、中には絶滅寸前の野草もいくつもあるとか…。
f0226518_12144630.jpg


極めつけはこれです!鯉。公園の中にある二の丸庭園の池には、珍しい鯉がいます。初めてこの鯉をみた時は驚愕しました。「皇居ってのは、鯉まで上品なのか~!」って。写真ではわかりにくいけど,ヒレや尾びれが長いんです。普通の鯉とは形が全然違います。何とも優雅!
f0226518_1216477.jpg


大手町方面の出口を出ると、白鳥がいました。
f0226518_12203391.jpg


みなさんも是非一度訪れてみてください。いい季節になってきましたから,散歩にはうってつけです。喫煙所も自販機も多機能トイレ(オムツ台付き)もお土産屋さんあります。もちろん無料です。わざわざ来る価値ありますよ。 …広いので注意。歩きやすい靴をオススメします。

あ、あと変な日が定休日なのでご注意を。
http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

More
[PR]
先日は、グロービス(ビジネススクール)時代の学友の皆さんと一緒に飲み会をしました。
お酒を殆ど飲めない僕は、年に4回くらいしか飲み会に参加しないのですが、久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。


◇    ◇    ◇

論語の中に「学而第一」というものがあります。
この一番初めが、次の一節です。

子曰 学而時習之 不亦説乎 有朋自遠方来 不亦楽乎 人不知而不慍 不亦君子乎

(読み方)
子いわく、学びて時にこれを習う また喜ばしらずや。 友あり遠方より来たる、また楽しからずや。 人知らずしていからず、また君子ならずや

(意味)
先生に従って学問を学び、絶えずこれを復習する。
学ぶことで智の道が開けていく。誠に喜ばしいではないか。
学問が成就すると、同じ道を志す者が自分の友となり、時には遠い所からでも教えを請いに来てくれたり、話を聞きに訪ねてきてくれたりする。朋友と再会し、自分が学び得たことを伝え、善に与することができるのだから、なんと楽しいことではないか。

学問は、自分の人格を完成するためにするのであるから、学び得たことを人が知らなくてもくさらない。
学ぶことを楽しみ、自分の学びの度合いに対する人の評価で心を動かさないのは、すばらしき人格者だ。


More
[PR]
日銀が為替介入しました。

びっくりしましたね!
ちょっと前まで、中国はアメリカに「為替操作国」と罵られていました。
中国は巧みに外貨を積み上げ、人民元が高くなりすぎないように頑張っていました。
その結果、中国は「日本国債が破綻すると一番困る外国」になったのではないかと言われています。

ニュースでは、野田さんは市場介入をフツーに発表していましたが、海外の投資家や政府はどのように思ったのでしょうか?

「シット!世界2位の先進国が為替介入だって!ふざけるな!」と思っているのか、
「サンキュー!薄まっちゃった米ドルをがぶ飲みしてくれて!」と思っているのか、
正直な気持ちが知りたいですね。

More
[PR]
日本振興銀行が不正会計の末に破綻し、ペイオフが解禁しました。

保護の対象となる預金は100億円ということでしたが、取り付け騒ぎ(「自分の預金がヤバイ!早くおろしとかなきゃ!」といって預金者が窓口に殺到すること)も起きず、大きな混乱もなかったようですね。

事前に綿密な調整と準備を進めた金融庁&預金保険機構事務方の皆さんの努力の賜物です。本当におつかれさまでした。

というわけで、今日は日本振興銀行の破たんについて少し書いてみます。

【なぜ、破綻したのか?】
日本振興銀行破たんの理由は、不良債権、高金利での預金集め、ずさんな資産管理や不正会計など、様々あげられていますが、結局のところは負債と資産のバランスが悪かったということでしょう。そしてそれを監視する機能が役に立たなかったのだと考えられます。

【銀行のバランスシート】
通常、バランスシートには「資産」と「負債+資本」の二つの要素がありますが、この二つの総額は必ず同じ金額になります。だから、バランスシート。

f0226518_21434568.gif


More
[PR]
前回の投稿の続きです。

<あらすじ>
タダシとカナは、高校時代の同級生。ある日、カナから夕食の誘いが…。そこでカナは自分の店が苦しいことを打ち明ける。タダシは、会社のお金の流れをコップを使って説明し、会社の資金繰りが厳しくなって行く様子を示して見せた。自分の店の置かれている状況を理解し、狼狽するカナ。タダシは話を続けた…。

--------------------------------
タダシの説明した例え
--------------------------------
1.コップ = 会社
2.コップの底の穴 = 給与・賃料など毎月出て行く費用
3.コップの水 = キャッシュ(現金)
4.コップの氷 = 設備・在庫
5.コップの横の穴 = 利益
6.コップの上から入る水 = 収益
7.赤いコップの水 = 借入れ金
--------------------------------


  ◇  <続き>  ◇

カナ:あ、さっきと同じ状態になったね。
タダシ:これでしばらくは大丈夫だね。
ふーん。でも、銀行の借入金は利子が高いでしょ?
うん、その通り。だからできれば借入は少ない方がいいんだ。
しかも、銀行は期限が来たら問答無用でそのお金を吸い上げて持って行ってしまうんだ。


そう言うと、タダシはコップの中の水をストローで吸い上げ、色つきのコップに戻した。

f0226518_18311689.gif


それは汚い!
汚いわけじゃないよ。銀行はそういうビジネスなんだから。
いや、あなたの行動が…。
あ、ごめん。
もうっ。

…あれ?水がなくなっちゃったね。
うん。水がなくなったら給料も払えないし、借入も返せないね。
そうなったら…倒産?
この状態が改善できなければね。
(ガーン!)

f0226518_1832346.gif


More
[PR]
前回の投稿の続きです。

<あらすじ>
タダシとカナは、高校時代の同級生。ある日、カナからタダシに久しぶりの夕食の誘いが…。食事のあとカナは自分の店が苦しいことをタダシに打ち明ける。タダシは、カナの店は資金繰りが悪いのではと考え、そのことについてコップを使って説明しはじめた…。

--------------------------------
タダシの説明した例え
--------------------------------
1.コップ = 会社
2.コップの底の穴 = 給与・賃料など毎月出て行く費用
3.コップの水 = キャッシュ(現金)
4.コップの氷 = 設備・在庫
--------------------------------


  ◇  <続き>  ◇

そういってタダシは氷をコップの中に3つ投入した。

f0226518_17124076.gif


カナ:あ、水かさが少し増えたね。
タダシ:うん。そうだね。…それでね、実はこのコップにはヨコにもうひとつ穴が開いてるんだ。この穴から出てくるのが、「利益」だと思って。
f0226518_17263243.gif


うーん。よく分からないなぁ。利益の穴は何でこんなに上のほうにあるの?
うん、そこはとりあえずおいて置こう。今のところは、とりあえずこの横穴から利益が出るということにしておいてよ。


といって、タダシは別の小さなコップ(利益のコップ)を持ってきて、氷の入った大きなコップから少し移した。

うん、分かった。

ところで、当然君の店は収益があるよね?
うん、もちろん。お客さんから直接もらったり、取引先からの支払いだったり。
収益はこうして上から入ってくる感じかな。


タダシは、今度はコップの上から水を少し流し込んだ。

More
[PR]