カテゴリ:千代田区に住む( 10 )

このブログを新規で訪問して下さる方の中には、「千代田区」で検索して見つけて下さる方が結構な数います。ありがたいので、たまには有益な情報を提供させていただこうと思います。

千代田区が「次世代育成手当」という助成を行っていることは有名ですよね。
しかし最近は「子ども手当て」に統合されてしまい、そのせいで所得制限もかかるようになってしまいました。
この結果、千代田区独自の制度としての魅力は半減してしまいました。
ちょっぴり恨むぜ、民主党…。

でもね、千代田区はこの程度では終わりませんよ。
なぜなら千代田区は、他の市区町村にはできないような、強力な次世代育成施策を出し続けることがすでに「決まっている」んです。


…どういうことかって?


実は千代田区は、平成22年3月の議会において、すごい条例を可決しているんです。
その名も「子育て施策の財源の確保に関する条例」。

どんな条例かというと、次のような内容です。

5年間における各年度の特別区民税歳入見込額の概ね1%の額を、子育て環境の整備・充実のための新規・拡充施策に要する経費に充当する旨明記する。 というものです。(※平成22年4月1日から施行し、平成27年3月31日までの時限条例)

More
[PR]
昨日テレビで、「千代田区がこども医療費助成(実質医療費ゼロ)の対象年齢を18歳まで延長する」というニュースをやっていました。
僕も千代田区に住んでいますが、子どもの医療費がかからないのは非常にありがたいです。
子どもの医療費は、入院しようが手術しようが全て無料なんですよ。体の弱い子や重い病気により多くの医療費がかかるようなお子さんをお持ちの方には、医療費は死活問題だと思います。そういう人も、千代田区に住めば18歳までは医療負担なしで子どもを育てることができる。これは本当に素晴らしいことだと思います。

…ところで、なぜ千代田区はこんな思い切った施策をとることができるのでしょうか?
それは、千代田区の財政が非常にリッチだからですよね。「千代田区の財政がリッチだ」ということは、テレビやインターネットなでよく目にしますが、実際のところどのくらいリッチなのでしょうか?
せっかくなので少し調べてみました。

調べた元データは、総務省が主導で行なっている「歳出比較分析表」。
これを元に各地方自治体の「一人当たりの歳出額」を出しています。「一人当たりの歳出」とは、言い換えれば「地方自治体が一人のためにどれだけお金を使ってくれたのか?」ということになります。

では、こちらのグラフをご覧下さい。
これは、平成20年度に各自治体がどれだけお金を使ったか(歳出)を人数で割ったものです。

f0226518_17195262.jpg


はい、千代田区ダントツですね。千代田区は一人当たり95.9万円。一人につきおよそ100万円を使ってくれているのです!例えば練馬区なら30.1万円ですから、その3倍以上のお金を使ってくれている計算になります。

More
[PR]
「コーポラティブ・ハウス」というのを知っていますか?
コーポラティブハウスとは、ディベロッパーを通さず、住む人たちと建築業者とで家を建てるというものです。

Wikiに説明があったので、引用してみます。

入居希望者が集まり組合を結成し、その組合が事業主となって、土地取得から設計者や建設業者の手配まで、建設行為の全てを行う集合住宅のことである。コーポラティブ住宅、コープ住宅とも呼ばれる。

…よく分かりませんが、要は「自分たちでマンションを建てちゃおう」って話ですね。

そう聞くと「面倒くさそうだなぁ…」と思うかもしれませんが、これがそうでもないみたいです。
先日、会社の人から教えてもらった「archinet(アーキネット)」という会社は、コーポラティブハウスのプロデュースをしているのですが、彼らが扱う物件では、「○○プロジェクト」と呼ばれるものがいくつかあり、それに参加を申し込むと、その家を作るところから参画でき、自分好みにカスタマイズできるというスタイルです。

つまり、こだわりがなければそのままお任せしちゃっても大丈夫。
まぁ、普通は新築を買うなら自分のイメージを形にしたいと思いますよね。そういう場合は建築家にニーズを伝えれば自分好みに作ってくれるのです。集合住宅の規模は10戸程度が多いみたいです。

 ◇   ◇   ◇

さて、ここからが本題です。
なぜ、このような形態でわざわざ家を作るのでしょうか?建売りの一軒家とか、マンションを普通に買うのではいけないのでしょうか?


その最大の理由は「価格の安さ」です。

僕も最近中古マンションを買ってしまったので、いまさらコーポラティブハウスを買うことはできないのですが、「もっと早く知っていれば、僕も新築買えたかもしれないのに!」と思ったので、少しでも多くの人にお伝えしようと思って、ブログに載せることにしました。

コーポラティブハウスの提供する家は、通常の新築の市場価格と比べて、6割程度の価格なんです。つまり、1億円程度の物件なら6,000万円で買るんですよ!(ま、僕には買えませんが(涙)…。もっと安い物件も当然あります)。

…すごいでしょう?にわかには信じられませんよね?

でも、僕に「archinet」を教えてくれた人の家にお邪魔した限りでは、どうやらホントみたいです。四谷(東京都新宿区)にある億ションみたいな物件が6,000万円台だったと言っていました。デザイナーズマンションで超おしゃれ、しかも四谷三丁目駅から歩いて5分。あまりの素晴らしさとその値段に感動しました。

「えー、あんな素敵な家が6,000万円台だなんて、四谷三丁目ってそんなに安いの!?」と思って、同じくらい広さの新築マンションの価格を見たら1億円以上!僕はこの価格ギャップに衝撃を受け、カラクリを調べてみました。

 ◇   ◇   ◇

なぜ、そんなに安いのか?それは、プロジェクト体制に秘密があります。

マンションの値段は、「所有権(借地権)」「建築費」「設計費」「広告・販売費」「ディベロッパーの儲け」「売れ残り用のバッファー」等から成り立っています。マンションの値段の大部分を広告費が占めていることは、意外と知られていませんが、一般的には販売費も含めて2割程度だと言われています。

そりゃそうですよね。ウチにも野村とか三井不のマンションチラシが毎週のように来ますから。進研ゼミのDMよりタチが悪い(笑)。あれは相当お金かかってると思います。さて、その割合ってどのくらいなんでしょうか?

ここで、試しに架空の「パークホーム台場」という5階建て10戸のマンションがあるとしましょう。このマンションは10億円です。あなたはこのマンションのオーナーになると思ってください。

f0226518_20152425.gif


More
[PR]
千代田区は日本でも最も地価の高い地区です。
そして、特に僕のオススメしている「番町・麹町・平河町」のエリアは、千代田区の中でも特に高い居住エリアです。
新築物件は殆どが「億ション」。最近できた「平河町森タワーレジデンス」なんか、最上階には13億円もする部屋があるんですって。30年ローンにして月々400万円!すごいですね~!(ま、そういう家を買う人は30年ローンなんか組まないか。)


・・・でも、そりゃそうですよね。
皇居・最高裁判所・国会議事堂・霞ヶ関官庁街…そうした日本の中枢機関が集まる地区ですから、安全・衛生・交通等は完璧に近いほど整備されています。(千代田区に住むメリットは、このブログでも個別のカテゴリを作って取り上げています。)


そんなところに、普通の人が住めるんでしょうか?


はい、住めます。超高級の中古物件があるのです。
もちろん、他のエリアよりは割高です。でもこの地区の中古マンションは、建築時の造りもメンテナンスも抜群に良いので、普通のマンションよりもずっと持ちがいいんです。
こうしたマンションは、「ヴィンテージマンション」と呼ばれ、価値が下落しにくいので中古物件の中でもかなり人気があります。

千代田区ではほとんど流通していませんでしたが、最近少しずつ見るようになってきました。金融危機で手放す人が増えたからかもしれません。

さて、例としていくつか紹介してみましょう。

【コープ野村一番町】
価格:4,990万円 広さ:82.98㎡

麹町小の目の前にあるマンションです。区役所出張所のすぐ前にあり、ポルトガル大使館の横という好立地。かつての超名門校、麹町女学院もすぐそばです。
f0226518_982011.jpg


More
[PR]
久しぶりにきちんと休みが取れたので、皇居と明治神宮に行きました。
ツイッターでつぶやいた内容を、せっかくなので残しておこうとブログにも掲載することにしました。
明治神宮は、千代田区関係ないけど許してくださいね♪


【皇居(東御苑)】
皇居の中にある公園(「東御苑」)に一般人が入れることは、意外に知られてません。中に入ると、こんなにすてきな広場が!あの有名な大奥があった跡です。いまは素晴らしい芝生になってます。若いフランス人ママ達が子供を裸足で遊ばせていました。
f0226518_121222100.jpg


ここは本当にみどころがいっぱい。江戸時代の情緒が残る建物が至る所で見られます。写真は富士見櫓(やぐら)。昔、徳川将軍はこの見晴らし台から両国の花火や東京湾の海を眺めたそうです。
f0226518_12131298.jpg


こちらは百人番所。長っ!二の丸と本丸への入口を侵入者から守るため、伊賀とか甲賀とか根来とか、鉄砲系のサムライが24時間常駐していたそうです。
f0226518_12134910.jpg


この公園では、珍しい植物もたくさん見られます。写真は「釣り鐘人参」。可愛い野草です。散歩していたおじさんの話では、中には絶滅寸前の野草もいくつもあるとか…。
f0226518_12144630.jpg


極めつけはこれです!鯉。公園の中にある二の丸庭園の池には、珍しい鯉がいます。初めてこの鯉をみた時は驚愕しました。「皇居ってのは、鯉まで上品なのか~!」って。写真ではわかりにくいけど,ヒレや尾びれが長いんです。普通の鯉とは形が全然違います。何とも優雅!
f0226518_1216477.jpg


大手町方面の出口を出ると、白鳥がいました。
f0226518_12203391.jpg


みなさんも是非一度訪れてみてください。いい季節になってきましたから,散歩にはうってつけです。喫煙所も自販機も多機能トイレ(オムツ台付き)もお土産屋さんあります。もちろん無料です。わざわざ来る価値ありますよ。 …広いので注意。歩きやすい靴をオススメします。

あ、あと変な日が定休日なのでご注意を。
http://www.kunaicho.go.jp/event/higashigyoen/higashigyoen.html

More
[PR]
僕はこのブログで、「千代田区(特に麹町・番町・平河町エリア)に住み、ここで子育てをすること」をお勧めしているのですが、具体的にどのあたりが最もオススメなのかを整理してみたいと思います。

千代田区は、大きく分けて
 1.皇居
 2.丸の内エリア

 3.永田町エリア
 4.麹町エリア
 5.番町エリア

 6.富士見エリア
 7.神保町エリア
 8.小川町エリア
 9.岩本町エリア
 10.秋葉原エリア

に分かれます(分け方は僕の独断ですが)。
f0226518_18262028.jpg


More
[PR]
【千代田区の2つの「ウリ」】
千代田区は、子どもに手厚い自治体としてとても有名です。
特に、「保育園待機児童ゼロ」「次世代育成手当て」は非常に有名ですよね。ジャニーズの人気グループ、「嵐」の番組で紹介されて以来、この情報が世に知れ渡り、今年は千代田区に多くの人が流入しました。その結果、昨年は31人の待機児童が出てしまったそうです。しかも民主党の「子ども手当て」がスタートしてからは、次世代育成手当が子ども手当てと相殺されて一部廃止になり、おトク感は薄れてしまいました。

つまり、千代田区のウリであった「保育園待機児童ゼロ」も「次世代育成手当て」も、いまやそれほど魅力的なものでは無くなってしまいました。

しかし、早まってはいけません。千代田区は依然として日本一子どもに大変手厚い区なのです。
今回は千代田区の財政情報から、千代田区で子育てすることがいかにおトクかを説明してみます。

【千代田区の教育支出がスゴい】
2010年度の予算を見ると、こども・教育費として98億円の歳出が予定されています。
これは、千代田区に子どもが6,000人程度しかいないと考えると、区が子ども1人あたりに対し毎年163万円を支出している計算になります。
つまり、こども1人が高校を卒業するまでに約3,000万円近くのお金を区が出してくれるということになります。

これは、明らかに破格ですよね。

More
[PR]

【千代田区の2つの「ウリ」】
千代田区は、子どもに手厚い自治体としてとても有名です。
特に、「保育園待機児童ゼロ」「次世代育成手当て」は非常に有名ですよね。嵐の番組で紹介されて以来、この情報が世に知れ渡り、今年は千代田区に多くの人が流入しました。その結果、昨年は31人の待機児童が出てしまったそうです。
しかも民主党の「子ども手当て」がスタートしてからは、次世代育成手当が子ども手当てと相殺されて一部廃止になり、おトク感が薄れてしまいました。

つまり、千代田区のウリであった「保育園待機児童ゼロ」も「次世代育成手当て」も、いまやそれほど魅力的なものでは無くなってしまいました。

しかし、早まってはいけません。千代田区は依然として子どもに大変手厚い区なのです。
今回は千代田区の財政情報から、千代田区で子育てことがいかにおトクかを説明してみます。

More
[PR]
千代田区平河町に住んで1年半、いろいろなことが分かってきました。

はじめは、「千代田区なんて住むところじゃないよ~。高いし・・・。」
と思っていたのですが、住んでみると意外にも住みやすい、すばらしい町であることが分かってきました(価格も、思っていたよりは安い)。

そして僕は、次第に「千代田区(特に番町・麹町・平河町・永田町エリア)に家族で住むこと」をもっとたくさんの人に勧めたいなと思うようになりました。
特に、子どもを育てるのには最高の場所だと考えています。

そこで
これからは、ブログで千代田区の魅力もちょくちょくお伝えしていきたいと思います。

最初の投稿は、「千代田区の魅力」。

f0226518_202841.jpg


千代田区の魅力を挙げてみると、次のような感じでしょうか?

1.安全・きれい
2.交通の便が良い
3.住民のレベルが高い
4.人があったかい


More
[PR]
森ビルグループが新たに開発した永田町のタワー型レジデンスが発売されていますね。

永田町駅徒歩1分
赤坂見附駅徒歩6分
最高裁判所まで徒歩1分
f0226518_065425.jpg

恐ろしく立地のいい場所です。
日本の政治の中心、永田町のど真ん中に突如現れた24階建てのタワー。
1階~13階はオフィスになっており、14階より上がレジデンス。
「平河町ヒルズ」と呼ぶ人もおり、その豪華さは半端じゃありません。

最上階には、皇居を一望できるルーフガーデンがあり、南側にあるフットバスからは国会議事堂を見晴らせるそうです。貸切でパーティーなどを行える大きなスカイラウンジもあります。
巨大なエントランスは、天然大理石を敷き詰めたり天然素材を基調とした内装で、温かいデザインに。もちろん、一流ホテルのようなフロントデスクがあります。

さて、気になるお値段ですが…

More
[PR]