パレートの法則で人生が変わる!?

【パレートの法則】
皆さんは「パレートの法則」というのをご存知ですか?
もしかしたら「80:20の法則」と言われた方がピンとくる人も多いかもしれません。「世の中の出来事のうち、80%のことは20%の要素が握っている」という法則です。「パレートの法則」は、厳密に80:20と切っているわけではありませんが、相関に偏りが出ることと、100%に近づくにつれ近似曲線を描くように効率性が落ちていくことを指摘しており、根本は同じ発想です。

さてこのパレートの法則、世の中のほとんどの事象に当てはまります。

例えば、勉強
100点を取るのって、本当に難しいですよね。80点を取れるくらいまで理解するのに2時間の勉強をしたとすると、90点を取るためにはさらにあと2時間くらい、95点を取るためにさらに2時間、100点を確実に取れるレベルにはそこからさらに4時間くらい勉強しなければなりません。

勉強の量と成長は、こんな曲線になります。

f0226518_5284689.jpg


成熟するにつれて成長の速度が下がるので、「成長曲線」と呼ばれたりもします
ね。


例えば、商品の売上なんかもそうですね。
スーパーでは3000〜7000点の商品を扱っていますが、売上の80%は、商品ラインナップの上位20%(生鮮食品・ドリンクなど)が稼いでいます。流通の世界では、この20%しか売上に貢献しない80%の商品群を「ロングテール」と呼びます。

f0226518_5285784.jpg



セブンイレブンはロングテール商品を捨てる(棚に置かない)ことでスーパーに勝ち、アマゾンはロングテール商品を拾う(在庫として揃える)ことで本屋さんに勝ちました。アマゾンの戦略はロングテール戦略とか呼ばれたりします

他にも、

 ・事故の80%は、20%の部品が原因で起こる。
 ・税金の80%は、20%の上位所得者が払っている。
 ・営業利益の80%は、上位20%の営業マンが稼いでいる。
 ・売上げの80%は、20%の優良顧客の買い物が占めている。

など、いろいろな法則がありますね。



このように、パレートの法則はあらゆる事象に適用することができます。私たちの身の回りでも当てはまることが多いですよね。今回は、この「パレートの法則」を活用して効率的よく人生をマネジメントしよう!というお話です。


【人間の持つ資源(リソース)】
皆さんは、すべての人が持っている「資源」って何だと思いますか?
僕は、人間のもつ資源は究極的には「時間」と「体力(精神力)」の2つだけだと思っています。「お金」「人脈」「地位」などを挙げる人もいると思いますが、そういうものは時代や住む場所などによって左右されてしまう二次的な資源ですね。

人間は、生れ落ちてから死ぬまでの間に、「時間」と「体力」という2つの資源を使って様々な活動を行います。それがまさに人生です。そして豊かな人生を送るためには、自分の持っている資源をできるだけたくさん使うことが必要ですが、この「時間」「体力」という資源には、限りがあります。ですから、この2つの資源をどれだけ効率的に使うかによって、どれだけ豊かな人生を送れるかが決まるんですね。


【パレートの法則を応用する(資源の集中投下)】
パレートの法則を実生活に応用すると言っても、考え方は非常にシンプルです。

原則、80点しか目指さない。

これだけです。

テストに例えると分かりやすいですね。
仮に、100点満点のテストが5科目あったとして、自分の持つ資源が100だったとしましょう。
この場合、どのように資源を配分するのが良いでしょうか?

1. 5科目に20%ずつ力を均等配分する。
f0226518_5291347.jpg

2. 3科目に集中し、それ以外はほとんどやらない。
f0226518_5292153.jpg

3. 1科目に全てをかける。
f0226518_5292843.jpg



この場合、投下した資源の総量は同じですが、結果は次のように差が出ます。

1. 5科目全部80点(合計400点)

2. 3科目90点、2科目20点(合計310点)

3. 1科目100点、4科目0点(合計100点)


こうしてみると、80点を目指すということの投資対効果の高さが分かりますね。
しかも実際の社会では、多くの場合「70点以上は合格」のように合格ラインが決まっていることが多いため、アウトプットの差は実際の点数よりもさらに大きくなります。

この考え方を、実生活の全てに適用するのです。

例えば、掃除
本当は拭き掃除もしたいけど、そこは諦めて片付けと掃除機までで80点くらいで終了する。

例えば、仕事
こだわればキリがないので、80点くらいの出来になったら次の段階にうつる。

例えば、交渉。8割くらい自分が満足できれば、それ以上は争わない。

こんな風に、80点を自分の目標基準として、それを100点にする時の20%の時間と体力で達成する。ということなんですね。

ここで大事なのが、「20%の時間と体力でやる」というところです。せっかく目標を80点に置いても、それを達成するために20%以上の時間と体力を使ってしまっては、全く意味がありません。何がなんでも20%の時間と体力で80点の結果を出すんだ、という気迫が必要です。
ですから、掃除や料理も時間を区切ってその時間内に作ります。そのために知恵を絞って、場合によっては自分をサポートしてくれるツール(ルンバとか圧力鍋とか)を準備して効率性を高めます。

こうして、20%の力で80点が取れるようになれば、他のことにたくさんの時間と体力を回すことができるようになります。



【80点の割り切り】
80点を目標に置くようになれば、80点以上の結果を求めることがいかに大変なものかが分かってきます。そうすると、80点で割り切るということができるようになってきます。

例えば、家族や友人との関係の中で、自分の要求を通したい時ってありますよね。そんな時、揉めてしまったりケンカになってしまったりすることがあります。でも注意深く観察してみると、要求に対して何もかも反対というケースは少なく、大抵は1部の争点で揉めてしまっていることに気がつきます。その争点を譲らないから、お互いにケンカになるんですね。
80点の割り切りができている人は、100点を手に入れることがいかに時間と体力の要ることかが分かっていますから、その争点を除いて80点くらいになるのであれば、それ以上争うことはしません。

これは、人間関係に使う労力を減らすうえで大変役に立ちます。無用な争いを避けることができ、大事な資源である時間と体力を無駄に使うこともありません。

ここで気をつけたいのが「80点がどのあたりなのかをあらかじめ自分で決めること」です。

・80%の力を使って相手が納得しなかったからそこで妥協した

というのと、

・80点の要求を通すために全力を費やした

というのでは、結果は全く違います。
80点というのはあくまで自分の目標値であって、かける労力の量ではありません。「主張を通すならこのあたりまで」ということを自分で決めて、そこを目指して全力を尽くすのです。そうすると、結果的に自分の要求を100点満点で通す時の20%の時間と体力で済みますよ。という話です。


【プロの世界は例外】
この法則を利用すれば、とても効率的に生きることができるので、人生をマネジメントするのがぐっと楽になります。

でも、例外があります。
それは、「プロフェッショナル」と呼ばれる方々です。
プロスポーツ選手などは、他の人が立ち入れないあと20点で満点という領域に80%の労力全てをつぎ込み、トップを守ることで存在しています。どの領域でも同じです。80点を目指す人はプロではいられません。あくまで、プロの人はその世界で100点満点を目指して非効率な資源投下をしなければならないのです。

その分、プロの世界はそれに見合った報酬体系ができています。
プロ野球選手だってそうですよね。A選手がB選手の3倍の年収をもらっていた場合、A選手がB選手の3倍上手いかというと、そういうわけでもありません。プロは、「残りの20点の世界」で戦っている人たちですから、1点でも戦力が上であれば報酬は2倍、3倍と指数関数的に上がっていくのです。報酬は、100点(その世界のトップ)に近づけば近づくほど差が大きくなります

だから、プロを目指す人は絶対に100点満点を目指さなければなりません。80点を超えると投資効率はぐんと下がります。でも、その非効率な投資をしてナンバーワンになろうとするからこそプロなんですね。


【まとめ】
キーワードでまとめると、次のような感じです。

・「パレートの法則」≒「80・20の法則」
・パレートの法則は多くのことにあてはまる
 - 成長曲線
 - ロングテール
・80点の結果は、20%の労力で得られる
・残り20点の結果を得るには80%の労力が必要
・人間の持つ究極資源は「時間」と「体力」
・「時間」と「体力」をどう使うかが人生
・実生活にパレートの法則を応用する
常に80点を目標とする
20%の時間と体力で、何としても80点を取る
・要求を80点にすることで人間関係も良くなる
要求レベル80点はどこか、あらかじめ自分で決める
・プロの世界は例外
・プロはそれに見合った報酬体系になっている



この法則はかなり応用範囲が広いので、ぜひみなさんも実生活に応用してみてくださいね。
人生をラクに、効率的に生きられるようになります。

以上
[PR]